酸素カプセルのホントの効果

Bambooにいました酸素カプセルが新しくなりました。
ハードタイプになり換気機能つき、空調管理ありで今までよりかなり快適になってます!

なぜ、いま酸素が着目されているのでしょうか?
私たちに欠かせない酸素!
その効果についてみてみましょう

☆酸素カプセルは脳にメリット
酸素が不足すると集中力・思考力の低下や、眠気、物忘れなどが起こりやすいといわれています。
酸素カプセルで取り入れた酸素は、脳にも十分に行き渡り、すっきりとリフレッシュでき、集中力の向上に良いとされています。なんだかぼんやりして集中できないとき、むりやり気力でヤル気を出すしかない、と考えがちですが、もしかしたら酸素を摂取することで改善するかもしれませんね。

☆酸素カプセルと健康の関係
酸素には、疲れ・痛み・だるさなどの原因である乳酸を、炭酸ガスと水に分解して体外へ排出する働きがあります。ですから効率的に酸素を取り入れることで、痛みやだるさを取り除き、疲労回復にいいとされているのです。酸素カプセルで高濃度の酸素を効率よく摂取すれば、短時間での疲労回復も期待できます。
また、睡眠不足の解消にも良いようです。血中の酸素濃度があがると、副交感神経が優位になりリラックスした状態になります。この状態で眠ると質の良い睡眠が取れ、疲れの回復にもつながります。

☆酸素カプセルと美容の関係
美しい肌を保つには、ターンオーバーといわれる古い細胞から新しい肌への生まれ変わりのサイクルが重要とされているのですが、この肌の生まれ変わりのサイクルにも酸素の働きが影響するといわれています。肌細胞付近の毛細血管は、外気などの影響で収縮しやすく酸素が不足しがちです。そこに酸素がいきわたることによって、代謝機能を活性化させ、肌の生まれ変わりを促進するとされています。血行が促進されることによって、顔色がよくなったり、肌のハリを感じたりする方もいるようです。

酸素には、「リパーゼ」という脂肪分解酵素を活性化させる働きもあります。酸素を多く取り込む有酸素運動がダイエットによい、というのはこういうことだったのですね。また、脳に酸素を大量に取り込むことで、「レプチン」という脂肪量を調整する脳内物質が増えるといわれています。この物質が正常に働くと太りにくい体質につながるということです。このようなことから、高濃度酸素を摂取することはダイエットにもいいといえそうですね。

このように多くのメリットが期待できる酸素カプセル。
こんな時代だからこそ、自分の健康は自分で作り守りたいですよね!

Bambooのコンセプトは
自分の持っている機能を最大限に活かし健康的な美しさを維持していける施術・アイテムの提案です
民間療法バリニーズとあわせて、私達の生きる上で欠かせない酸素! 上質な酸素を取り入れて
免疫力アップしていきましょう。

体のお悩み

体を温めると良いこと~葉マム~

なぜ体を温めるのか、代謝を上げるのかを前回書かかせていただきましたが
なるほど~な感じでしょうか!(^^)!

体を温めるのにオススメなハーブ浴『葉マム』ですが、
葉マムに入るとハーブの遠赤の力で温まるほかに
「ヒートショックタンパク」が体の細胞内で産生されます。
すると眠っていた免疫細胞が目を覚まして、がんをはじめとする病気の予防効果が高まります!
他にも筋肉内の乳酸生産が少なくなるので、疲労しにくくスポーツのパフォーマンスが上がります。

じっくり汗をかくことで、水分や皮脂に混ざって有機物質や老廃物、活性酸素などが
排出されるデトックス効果もあります(^^)/

ハーブによる遠赤外線の人体への効果として
☆血液循環や新陳代謝の促進、
☆組織再生力の向上、
☆自律神経の調節などが認められているんです!

低体温の方が増えています。一度、機会にお試しください!

世界的に広がっているコロナウイルスにならならいためにも免疫力を上げてウイルスに負けないカラダづくりを!!

体のお悩み

なぜ体を温めることが大切なのでしょう?

よく「免疫力をあげましょう。」や「体を温めましょう」って言われてるかご存知ですか?
知っているようで知らないカラダの事☆

私達のカラダは、毎日がん細胞が5,000個程度できているといわれています。
しかし、自身の免疫細胞によって抑制され、死滅しているからがんにならずに済んでいます。

つまり、がん予防するためには免疫がしっかり働く状態にしておくことが大切!(^^)!
その方法の一つが『体を温める』こと!
平熱が36.5~36.8度あると生体生理がが保たれることで、免疫細胞の機能が高まり、
がんは異常増殖しにくくなります。

その平熱を上げるためにおすすめしているのが、ハーブ浴のハマムです(^^)/

ハーブは人体と同じ有機質のため、ヒトのカラダと共鳴する波長の遠赤外線を出します。
この共鳴遠赤外線の効果と各種ハーブの効能で、じっくりと体を温める事ができます。

病気になる前の予防が大切になりますので、是非一度お試しください(^^♪

体のお悩み

温活を始めるなら今がチャンス!

冷えは血流を滞らせます。血液は体の隅々にまで酸素や栄養を運び、熱を産出し、
老廃物や疲労物質を回収する働きをしていますから、その血流が滞ると、体中のあちこちで問題が…。

〈カギを握るのは自律神経〉
疲労や睡眠不足、ストレスなどで自律神経系が乱れると、
体温調節機能が正常に働かず、
手足の血流量が必要以上に抑制されます。
それが冷え症 です!

自律神経系は内分泌系と視床下部で連結しているため、
ホルモンの影響を受けやすくなっています。
生理前や更年期などホルモン分泌が不安定な時期は、
自律神経の乱れから冷えやすくなります。

〈ストレスで冷える方〉
疲れているのに眠れない、 集中力がなくイライラする、
食欲不振、胃痛、息が吐きづらい などの症状が見られます。

〈改善ポイント〉
☆気分転換し、ストレスをためないことが大切
☆短時間でも自分の時間を持つ
☆長めの入浴、アロマなどでリラックスを心がける

バリエステや葉マム、シロダーラで気分転換を。
リラクゼーションで自分へのご褒美。
温活で健康美を目指しましょう。

体のお悩み

下半身の冷える原因と対策

上半身に熱が上がり、下半身のみ冷えてしまう事を『冷えのぼせ』と言います。
上半身に熱がこもり、下半身のみ冷たくなるこの温度差は、体にとってはあまりよう状態ではありません。

『冷えのぼせ』になってしまうと、頭痛が頻繁に生じる・頭がボーっとする等の不調が起こりやすくなります。

原因 その1 
 お尻の筋肉が固まっている・・・

下半身の血行不良でお尻の周りの筋肉が固まってしまいます。
お尻のすぐ下にある坐骨神経はお尻の筋肉が固まってしまうことで圧迫されてしまいます
そうすると血行が悪くなり下半身の冷えに繋がってしまうことも・・・

 ⭐️デスクワーク等  長時間同じ体制でいるとお尻に負担をかける
 ⭐️運動不足     太ももの筋肉をはじめ、お尻の筋肉や下半身の使ってない筋肉はどんどん硬くなる
 ⭐️加齢       体の筋力や関節が低下しお尻にも負担をかける

原因 その2
骨盤が歪んでいる・・・

骨盤は普段の姿勢などで、だんだん歪んでいきます。
猫背等の姿勢の悪さや、どちらかの脚に重心をかけた立ち姿に心あたりがあるかたは
骨盤の歪みを招いている可能性が高く要注意!!

骨盤は上半身と下半身をつなぐ大切な役割をしています
下半身の巡りが悪いと熱が作れず下半身はどんどん冷たくなってしまいます。
また、骨盤の歪みは下半身の冷えだけでなく、筋肉や神経の働きまでも低下させてしまいます。

〜対策〜
⚫️長時間同じ体制を取らない(座っていても足首を回すなど・・)
⚫️運動不足を感じている方は、できる限り体を動かす努力をする
 (階段を使う、なるべく歩くなど)
⚫️下半身を温める(足首)

少しずつ取り組みましょう

そしてメンテナンスにインナーインパクトの温熱で歪みを調節、バリエステで筋肉を緩め
デトックスし新しいエネルギーをチャージしてください。

体のお悩み

むくみの気になる季節

この季節悩むのが「むくみ」じゃないでしょうか。
暑いので水分補給はもちろん大切ですし、異常な暑さでクーラーも常についているので
足元から冷えてきますよね。

クーラーで冷え、血液の循環が悪くなり滞った場合や余分な水分を
溜め込んでしまってむくみの原因となります。
特に脚は重力に従い下半身に溜まる傾向があります。

水分をたくさん摂取してトイレの回数が増えれば問題ありませんが
水分をたくさん摂取した方が痩せるからと言って飲み過ぎは要注意!
トイレの回数が増えない場合は体に余分な水分を溜め込んでいる可能性が高いので
自分に合ったペースで水分量は増やしましょう。

冷えも血液の循環を悪くしますので、暑いですが温かいお風呂に浸かったり
お風呂に浸かるのは…という方は足湯で足元から温めるのもおすすめです♪

電話でのご予約・お問い合わせ

086-463-8118 このボタンをタップすればスグかけられます 受付時間 9:00〜19:00 定休日 毎週月曜日、毎月第3日曜日